機械音痴でもわかる!WiFiのいろは

>

WiFiを使えばお金が貯まる?WiFi節約術

WiFiの利用料について

WiFiというと、皆さまどんなイメージがあるでしょうか。
「やっぱり通信機器だから高いのでは?」
そんな意見を多く聞きます。

日本では通信と言えばNTTが独占しており、長年利用料も高かったのは間違いありません。
しかし、電力自由化の影響もあり、電気・通信事業は大手企業だけが担うものではなくなりました。

事業を分担することによって、管理も細分化され、コスト削減も実現できるようになりました。

おかげで、スマホや電気代と合わせて、通信料金がかなり安くなりました。
自宅のインターネットに関して相場でいうと、WiFiルータ込みで、一軒家で毎月5~6,000円、マンションで3~4,000円くらいです。
昔と違って今は、プロバイダ料やオプション料金も含まれることも多く、1万円を切ることがほとんどです。

今の料金が高いようなら、ぜひ見直してみましょう。

これを知って、損するべからず

インターネットといえば、スマホ。
スマホのアプリが普及したおかげで、ボタン1つで、画像や動画も簡単に楽しめますよね。
けれども、アプリもインターネットに接続しているため、実はかなりの接続料が発生しています。

接続料は、情報量により換算されています。
ひと昔前に、パケットという情報単位名からくるプランもはやりましたが、高額請求をされる事態も度々話題になりました。

今は、一定の量を使用すると、通信速度を下げることによって、定額となっていることが多いです。
それでも、いったん落ちた速度は使いものにならないほど遅く、追加料金を支払い、結局利用料が高額になるケースもみられます。

情報量が多いものは、画像や動画です。
こういったものは、LTE、4Gなどの無線電波ではなく、WiFiで有線に繋げることで、利用料の大幅な削減が可能です。

インターネットで動画や画像を利用する際は、ぜひWiFiを活用しましょう。


この記事をシェアする