機械音痴でもわかる!WiFiのいろは

>

知らないと恥?WiFiの謎に迫る!

今日からあなたも!WiFiの虜になろう

WiFiはどれぐらい便利なのでしょうか。
有線と比較して考えてみましょう。

電話機でも、親機より子機、携帯電話の方が断然便利だと思いませんか。
それはなぜでしょうか。
そう、線がないからです。

線の長さを気にする必要がないので、線の届く範囲にいなくても、どんな場所でも、どんな格好をしていても、電話もインターネットも気軽に楽しむことができます。

ただし、気を付けなければならないのが、その範囲。
無線だからと言っても、通信が行える距離には限りがあります。

電話の子機も、家の外からでは電波が弱まり、やがて繋がらなくなります。
同じように、WiFiの届く距離も限界があり、特に広い家だと、繋がりにくい場所が生じます。
また、物や壁などの障害物を挟んでも電波は弱まってしまいます。

そのため、予め、使う頻度の高い場所の近くに設置するようにしましょう。

子どもから大人まで!家族でにっこり

「お母さんが友達と長電話していたから、大事な電話がとれなかった!」というのは昔からよくある話ですよね。

電話もインターネットも、線を繋ぐことが求められると、1つの線につき1つの機器しか使えず、結果として1人しか利用できない場合があります。

ですが、有線を無線のものに変えることによって、家の中にいる複数の人がそれぞれ持っている、パソコン、スマホ、タブレットを使って、同時にインターネットに接続することができます。

ただ、同時に接続できると言っても、最大10名までが限界です。
大元の線は1本ですから、一度にいくつもの情報が集中してしまうと、車と同じく、渋滞してしまい、接続しにくくなったり、情報の伝達速度が遅くなり、使い勝手が悪くなります。

使うときは他の人とのバランスも考えましょう。


この記事をシェアする