機械音痴でもわかる!WiFiのいろは

WiFiって何?初心者に分かりやすく説明

WiFi設置場所について

「使ってみたいけど、WiFiってどんな場所にあるの?」 外国に比べて、WiFiの整備があまりされていないと言われてきた日本でも、最近は街中でもよく見かけるようになりました。 どんな場所にあって、どのように使っていけばいいのか、この機会にみておきましょう。

WiFiを使えばお金が貯まる?WiFi節約術

通信を使っていて、問題になるのがその利用料。 通信は、目に見えないし、高いのが現状です。 実際、通信機器とセットになった契約が多いので、内容も複雑です。 料金形態も、その時のキャンペーンなどによって、毎年と言っていいほど変わりますから、使いこなすのも至難の業。 損をしないようにしていきましょう。

涙が出るほど素晴らしい!WiFiの魅力

そもそも、WiFiってどう読むのでしょう。
ほとんどの国、そして日本では「ワイファイ」と読みます。
ローマ字読みをするヨーロッパ諸国では「ウィフィ」とも呼ぶ人もいます。

WiFiとは通信規格のことです。
では、通信とは何でしょうか。
子どもの頃に作った、糸電話を想像してみましょう。

片方のコップに向けて発した声は、真ん中の線を伝って、反対側のコップで聞こえます。
これが、通信機器の原点です。
現代の通信機器では、声だけではなく、文字や画像などの情報も線で運ぶことができます。

さらに技術が進んだ昨今では、情報を運ぶ手段は線だけではなくなりました。
それが無線機器です。

理科の実験を思い出していただきたいのですが、私たちの世界では、人間の目には見えませんが、光も音も、情報というのは周波という波の形で伝わってきます。
海を見ればわかるように、その波の形や大きさは大小様々です。
それと同じように、通信技術にも、波をどのような形にするのかは、機械によって異なっています。
WiFiは、この、有線を無線化した「無線LAN」の中の、波形の1つです。

ところが実際は、「WiFi」という言葉は「無線通信規格の一種」という意味で使われているのではなく、無線の電波そのもの、あるいはそれを有する機械、「ルーター」のことを指します。

家の電話機は電話線という有線に繋がっているように、インターネットも基本的には線に繋いで使うものです。
それを、電話で言うと、子機や携帯電話を使うために応用するのがWiFiです。
有線になっているものを無線の電波に変えるための機械。
それがWiFiの正体です。

おすすめリンク

Wi-Fiレンタルを格安で

Wi-Fiレンタルで旅が更に快適で楽しくなる!大容量でコンパクト!多彩な料金プランや割引あり

知らないと恥?WiFiの謎に迫る!

「WiFi」という言葉は、今や聞かない日はないと言っても過言ではありません。 なぜかというと、答えは簡単。 「なければ困る!」という人が多いくらい、優れているものだからです。 人々の生活が豊かになるくらい欠かせないものです。 その特徴について確認していきましょう。